FC2ブログ

奴隷への階段 最終回

2014年04月30日 00:32

【マニアック・アーカイブス】
として、数年前に発行した雑誌に使用させて頂いたマニアックな小説を数回にわたり連載させて頂きます。

作/縄次郎氏 絵/かおる氏のの書き下ろし女囚小説『奴隷の階段』を全5回にわけて掲載します。



「ほんとうに、松下佳織さん、ですか……?」
 由希は、まだ、目の前にいる女性が、女優の松下佳織であることが信じられないでいました。沈黙があって、目の前の女性が口を開きました。
「……そうよ」
「だって、こんなところで会うなんて……ここは、いったいどこなんですか? 奴隷市って何ですか?」
「……私たちのように売られる女性が、これからここに連れてこられるわ。そしてここから出されて入浴を済ませると、高く値をつけていただくために、綺麗にメイクを施されて着飾るのよ。そして、首輪をされて会場へと曳かれて行くの」
「会場?」
「奴隷市の会場が、上の階に設けられるのよ。そこには、私たちの身体を目当てにたくさんの男たちが集まっているの。時には女性が見えることもあるわ。私たちは一人ずつ舞台に上げられて、競売にかけられるの。男たちは、競って私たちの体に値をつけていくの」
「……」
 由希は、信じられない思いで佳織の話しを聞きました。
「そして、誰かも分からない、一番に値を高くつけたご主人さまに買われ奴隷として飼われるの。その後は……」
 そう語る佳織の目から、一粒の涙がこぼれ落ちました。嗚咽し、肩を震わせるのでした。もう、何も言えませんでした。
 佳織が言ったように、一人、また一人と、女が佳織と由希のいる地下の牢舎に連れてこられました。
 後ろ手に縛られ、或いは首輪をつけられて曳かれてきました。そして、牢屋に閉じ込められました。
「おとなしく待っているんだぞ」
「私、これからどうなるのですか? 家に帰してください!」
 必死に叫びますが、冷たい言葉が返ってくるだけでした。
「諦めるんだな。お前の帰る家はない。一生、奴隷として飼われるんだ」
「そんなの嫌! お願い、家に帰して」
 鉄格子を掴んで訴えますが、どうにもなりませんでした。
「いい加減にしろ。鎖につないでおくぞ」
「いやっ!」
 まだあどけない顔つきの少女は、その言葉に怯え、壁際に逃げました。
 そうして女たちが牢屋に繋がれていきました。後にはすすり泣く声だけがしました。
 牢舎に、六人の女が集まりました。まもなく数人の男が地下に下りてきました。

5-緊縛女優オンライン提出用350
[ 続きを読む ]
関連記事