FC2ブログ

オムツ撮影の裏話 その2

2011年02月04日 17:52


①で述べたように、

VIDEO-13.jpg


モデルの女の子はオムツを当てると、三人に一人くらいの割り合いで、
言葉づかいがだんだん拙くなり、態度や仕草が微妙に幼児化
してくるわけですから、

実際にオムツを当てられているシーンでは、
演出していないことが、多いのです。
だって、女の子が勝手に、幼児化してくれるのですから。

……という訳で、おむつ倶楽部のDVDに収録されているオムツ物語では、
モデルさんの「演出ではない、素の反応」が表れていることが多い。
と断言しても、構わないと思います。

全部とは言わないまでも、六~七割くらいの比率で、
「このシーンは、だいたいこんな具合なので、あとは自由にやってもらっていいですよ」
大変アバウトなスタッフの演出で、オムツの女の子を撮影しているのです。

だから、
「ママぁ……」と甘えたり、
「チッチしたいよぉ」とむずがったりする女の子の言葉は、
ほとんどが、モデルの女の子自身のもの。

それらのセリフが、シナリオとズレていってしまうこともありますが、
そんなときは、シナリオのほうを、変更してしまうことが多いかもしれません。


今、気づいたのですが。


ふつう、映画やドラマを撮影する場合、同じロケーションで撮影するシーンは、
まとめていっぺんに撮影してしまうことが、ほとんどだと思います。
だから、本当は物語の最後にあたるシーンでも、クランクイン最初に撮影したりもする。

しかし、おむつビデオでは、上記のように「女の子の自然な感情」の流れを重視したい。
そこで、極力、シナリオの順番どおり撮影することにしています。

だから、おむつ倶楽部DVDを観ていただくと、
物語の順序どおりに、だんだん背景が暗くなってくる。
最初は燦々と陽が照っているのに、
最後のほうは昼のシーンでも、蛍光灯がついていたりします……(汗)

(続く)

文責 丘崎太郎

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sanwamania.blog98.fc2.com/tb.php/19-c948d0c0
    この記事へのトラックバック