FC2ブログ

家畜女子大生の飼育記録 第二章 より

2011年12月20日 10:47

本誌に掲載している手記の一部と、本誌では未使用の写真を紹介します。

この文章は、筑紫洋道氏の所有する最下層家畜のケイコさんが、編集部あてに送ってくれた告白、そして筑紫氏とのメールのやりとり、また特別に書き下ろしてもらった彼女の告白をまとめ、編集部が再構成したものの一部です。全文は本誌をご覧下さい。

kachikujyoshidai2.jpg

kachikujyoshidai2b.jpg


【最下層家畜ケイコの告白】より

初めてご挨拶をさせていただく皆さまもいらっしゃると思います。
筑紫洋道さまの家畜奴隷のケイコと申します。前回の御本を出していただいただけでも幸せなのに、
二度目の機会をお与えいただいて、ありがとうございます。

ここに載せていただいた文章は、ご主人さまに毎日読んでいただいている家畜のメールの一部です。
ご主人さまの所有物になってから、もう三年以上になるのに、
ケイコはいつまでたってもご主人さまにご満足いただけないダメ家畜のままです。

そのくせいつも発情していて、ご主人さま依存症で、自分の成長のなさが情けなくなるけれど、
ご主人さまに出会える前の自分が何者か分からずに、悶々としていた日々に比べたら、ずっとしあわせです。

ケイコ未使用7ケイコ未使用8ケイコ未使用9
▲温泉旅館にて。家畜リードの繋ぎ方。

■家畜小屋

昼間、ご主人さま用のパジャマと、パンツを買いました。それから、歯ブラシと、ボディソープも買いました。
ケイコはすぐにシーツを汚してしまうから、シーツも色違いで三枚買いました。
ケイコのアパートから、麻縄と、ご主人さまからいただいたお道具も運びました。
ほんとうは、アパートなんて、引き払ってしまいたいくらいだったけれど、
この家畜小屋は、二ヶ月くらいで取り壊されてしまうとお聞きしたのでそれは諦めました。

家畜小屋をいただいたとき、ケイコはうれしくて、喜びすぎて、ご主人さまに叱られてしまいました。
でも、はしたなく大騒ぎをしてしまうくらいうれしかったのです。

昨日、初めてこのお部屋で、ご主人さまをお迎えして、
「おかえりなさいませ」
とご挨拶したとき、ケイコはすこしじんとして、声が震えてしまいました。
ご主人さまの一日のご苦労の匂いのついたままのオチンポさまをその場ですぐお口にいただけたのも、
そのまま家畜マンコを使っていただけたのも、
(お待ちするっていうのは、こういうことなんだ)
と思えて、みぞおちの奥がきゅんとしました。

昔のお妾さんや、愛人の人が、旦那さまをお迎えしたときって、こんなふうだったのかなと思いました。
ケイコは、家畜だから、そんなことを考えるのも失礼だけれど、
自分のお部屋にご主人さまをお迎えするのが、こんなに気持ちを昂ぶらせてくれるなんて、想像もしていませんでした。

今までも、ホテルや旅館でご一緒させていただいたことはありました。
それは、その一瞬の、一晩だけの繰り返しです。アパートには、ご主人さまは泊まってくださいません。
でも、このお部屋は、ずっとケイコを使ってくださるための場所です。

今朝、おちんぽさまに「いってらっしゃいませ」のご挨拶をさせていただいたときも
「お送りする」嬉しさを感じて、すごくしあわせでした。

今日は、お越しいただけないけれど、シーツと布団カバーをわざと取り替えないで、
ご主人さまの匂いのなかで寝ることをお許しください。

ケイコは毎日、この家畜小屋で、ご主人さまがいらっしゃるのをお待ちしています。

ケイコ未使用1ケイコ未使用2ケイコ未使用3
▲いつだれが来るかわからない大浴場にて。待てのポーズ各種。

■お尻の訓練

ご出張、お疲れ様です。
ご主人さまのいらっしゃらない間、ご命令通り、お尻の穴を拡張しています。
せっかくご主人さまのご調教でセックスの穴として使えるようにしていただいたのに、
具合の良いケツマンコになるってお約束したのに、いたらないケイコは、
まだ、ご主人さまにほぐしていただいてからでないと、オチンポさまにご奉仕できません。

オチンポさまをいただくのは、とてもうれしいのに、充分に反応して
悦びをお伝えすることも出来ていないと思います。

三日かけて、だんだん大きいディルドを入れられるようになりました。
今までは自分で指を入れるのも苦手だったけれど、ちゃんと指で拡げて、オナニーも出来るようになりました。

まだ、家畜まんこも一緒に刺激しないと、お尻の穴だけでは、すぐにイケません。
でも、ディルドの刺激と家畜まんこの刺激をあわせるとイケるようになりました。

ご命令のとおり、ご主人さまがお戻りになるまでに、お尻だけでイケる最下層家畜奴隷のお尻の穴になるようになります。

それから、もうひとつのお約束の、ビデオを明日撮影します。
うまく撮影できるかわからないけれど、ケイコがお尻の穴でイクところをみなさんにご覧いただけるようにがんばります。

ケイコ未使用4ケイコ未使用5
▲破廉恥衣装と家畜のポーズ。
 
■罰をください

お約束が守れなくて、ごめんなさい。
ケイコは、お尻だけでイケるようになるお約束が守れませんでした。

ご主人さまをお出迎えして、ディルドでイクところをご覧いただくはずだったのに、
お尻のディルドだけではイケなくて、ご主人さまをお待たせしてしまいました。

オチンポさまにも、ケツまんこでご奉仕するお約束だったのに、
ディルドで擦りすぎたせいで、お尻の穴が腫れてしまって、ほとんどご奉仕ができませんでした。

泣いてしまいました。それは、お尻が痛かったからじゃ、ありません。
せっかくご主人さまが、ケイコに努力をする機会をくださったのに、それにお応えできなかったのが、悔しかったからです。

あのまま、肛門が裂けてしまっても、おちんちんさまで突きつづけて欲しかった。

ケイコの身体はご主人さまのものだから、勝手に傷つけてはいけないのに、心の中で、
(ケイコなんか、壊してしまってください!)
なんて、身勝手なことまで考えてしまいました。

ケイコの役目は、ご主人さまに愉しんでいただくことなのに、
自分の悔しさばかりを考えてしまって、お口のご奉仕も、家畜まんこでのご奉仕も集中できていませんでした。

出張でお疲れのお身体で、せっかくご主人さまがいらしてくださったのに、ケイコは自分のことばかり考えていました。

ごめんなさい。ごめんなさい。ケイコに罰をお与えください。ケイコのこと、見捨てないでください。
罰のメールをいただけるまで、ケイコは眠れないと思います。

■肛門プラグ生活の罰

肛門プラグは、一度中に収まってしまうと痛くはありません。
おおきなうんちが、ずっとお腹の中にあるような感じがします。

今日、ご主人さまの仰ったN市のお店で、アナルプラグを買って来ました。
ご言いつけ通り、お店の方に、
「ご主人さまのご命令を守れなかった罰で、お尻をいじめるためのアナルプラグを探しています。
バルーンで膨らむ形のものをください」
とお願いしました。出していただいたプラグは、ご言いつけ通り、お店の人に差し込んでいただきました。

お店には、他に常連のお客さまたちがいて、その前でプラグをしていただくのは、とてもつらかったです。
でも、他のお客さまたちは、ケイコに触れようとはされませんでした。
ほんとうです。もし、触られるようだったら、ご主人さまがおっしゃった通りにちゃんと
『イクまで家畜マンコをいじってください』とお願いするつもりでした。

その証拠にプラグを入れていただいたときは、お店の人に家畜まんこを弄っていただいて、
ちゃんとイクところを見ていただきました。

そのせいで、家畜マンコが泣き出して、電車の中で溢れ出して、太股にマゾの汁が流れ出てしまいました。

ご主人さまの罰ですから、ずっと拭かずにそのまま電車で帰って来ました。心臓が止まりそうでした。

昨日お浣腸をしたから、今日と明日くらいは、大丈夫かもしれないけれど、きっとその後は、苦しくなりそうです。

お約束通り、ケイコは、次にご主人さまにお会いするときまで、このままで生活いたします。

【以下本誌に続く】


家畜女子大生の飼育記録 第二章 (SANWA MOOK)家畜女子大生の飼育記録 第二章 (SANWA MOOK)
(2011/10/14)
不明

商品詳細を見る
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sanwamania.blog98.fc2.com/tb.php/309-85ac0ba4
    この記事へのトラックバック