FC2ブログ

『家畜奴隷夫婦の飼育記録』が7月27日に発売されます。

2012年07月12日 12:18

この【奴隷契約書】は『家畜奴隷夫婦の飼育記録』で紹介しているMM夫婦の佐藤(仮名)夫妻が、
ご主人様である古河(仮名)様に提出したものです。

詳細は本誌をご覧下さい。

また同じ7月27日に発売される『マニア倶楽部 2012年 09月号 』には、
S夫妻のご主人様であるK氏に書いて頂いた告白が掲載されますので、
そちらも読んで頂けると嬉しいです。

DSC09918.jpg
▲自署捺印された佐藤夫妻の『奴隷誓約書』です。


                              奴隷誓約書

 私たち夫婦は人間としてのプライドを捨て、K様と奥様A様の家畜奴隷として生きることをここに誓います。
 K様とA様のご命令に意義を唱えることなく、無条件に絶対服従致します。
 また、家畜奴隷としての認識を常に持つ為に以下のことを遵守致します。

【日常生活について】
 一、家に居るときは常に全裸・首輪で生活し、人としての全ての権利を放棄致します。
 一、用を足した際は、自分の舌もしくはお互いの舌で拭い合い人間ビデとしての性能を高める努力を致します。
 一、K様とA様にお仕えする喜びを常に感じ、お互いを愛する気持ちを忘れることなく生活致します。
 一、仕事以外の外出の際は必ずK様もしくはA様の許可を得て外出し、
   報告を忘れることのないように致します。
 一、洋服や下着の着用は許可を得て、K様とA様の指示に従った着衣とします。

【交尾について】
 一、報告やご調教の際はもちろん、日常的にも『セックス』という単語は使わず、
   家畜らしく『交尾』と呼ぶように致します。
 一、交尾は一ヶ月に二回までとし、必ずK様の許可を求めます。
 一、交尾のご報告は迅速かつ正確に致します。
 一、私のぞみは、交尾の際、家畜としてのトレーニングとして全ての穴(口、膣、肛門)で夫を愛し、
   すべての穴で一度は射精させることを義務と致します。
 一、私義朗は、舌奉仕奴隷として、A様にご満足頂くためのトレーニングとして最低三十回、
   妻を絶頂させることを義務とし、それ以上絶頂させられるよう努力致します。
 一、交尾の後処理は自分達の舌で致します。
 一、本来禁止されるはずの交尾をお許し頂いていることに感謝し、
   その後のご調教は厳しくして頂けるよう自分から望みお願い出来るように致します。 

【その他、懲罰について】
 一、万が一にも家畜奴隷としての心得を怠るようなことがあれば、どのような罰も甘受致します。
 一、もし私たちに非がない場合でも、K様、A様が望まれるのであればいかなる苦痛も受け入れます。
 一、消えることのない傷痕が残るような懲罰を与えられても、
   K様、A様に与えて頂いたものと心から感謝致します。
 一、K様とA様が望む、どのような肉体改造も甘受し、お望みの肉体になれるよう日々努力致します。
 最後に、私たちの所有権はK様とA様にあり、お二人の意思にのみこの誓約は破棄されること致します。


                                                            平成×年×月×日
                                                          



来週中には、動画などもアップする予定です。もうしばらくお待ち下さい。
関連記事


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanwamania.blog98.fc2.com/tb.php/497-c785a1c3
この記事へのトラックバック