FC2ブログ

変態マゾ人形・志織

2012年09月19日 02:34

■秘性8の中から一部誌面を公開します。



告白:MPマスター

■出会ったころの志織は、写真の通りスタイルもよく、
なかなかの美形でしたが、普通の主婦といった感じでした。

あるきっかけで出会い、私と不倫関係になりました。
関係を持って半年くらいはごく普通のセックスしかやっていませんでした。
それまでの男性経験はダンナと結婚前に付き合っていた恋人ひとり、合計で二人だけでした。

ある日、いつものように膣の中へ中出しした後、おしっこをしたくなったので、
冗談半分で「このまま、おま○こにションベン出してみるか?」と言いました。

すると、志織は妖しく瞳を輝かせながら「出して」と言ったのです。

予想外の答えでしたが、私は志織の中に変態性の陰を見ました。
そして喜んで膣の中にションベンを流し込んでやりました。
ここから私たちの変態関係は一気に加速していきました。

私は変態プレイを次々と志織の体に試していきました。
それはさながら生きた人形のごとく、私の思うままに、
志織は私の変態行為を受け入れていきました。

初めの頃は、恥ずかしがって戸惑うことも多々ありましたが、
決していやがることはなく、どんなプレイも志織は愉悦の表情で受け入れていくのです。

次第に彼女の中に眠っていた変態マゾの本性が目覚め、
今では私以上の変態に成長しました。

露出からはじまり、膣とアナルの拡張、放尿、浴尿、飲尿、コスプレ、
ボディペイント、レズ、性器や乳首へのピアス、複数輪姦、スカトロプレイと、
私の望むままになんでも受け入れました。

写真でもわかるように、どのプレイからも妖しい笑みがこぼれます。興奮からくる愉悦の笑みです。
私と会うときは露出しないと物足りないようだし、私のションベンはおいしそうにゴクゴクと飲み干します。

私とのプレイ後、縄痕をつけ、アナルプラグを差し込んだまま、ダンナの待つ家に帰します。
そのスリルや背徳さえ興奮に変えてしまいます。

見た目の印象も出会った頃に比べ、妖艶な色気を放つようになり、綺麗になってきたと思います。
これも変態プレイのおかげです。

会わない日は、朝・昼・晩と自分でいやらしい変態姿を携帯で撮影し、
メールしてくるようにさせています。

また複数プレイの連続SEX記録にも挑戦しており、
まだ1日21人が最高ですが(なかなか人が集まらず)、余裕があるようですし、
なんとか50人くらいは挑戦させようかと考えています。




秘性vol.8 (SANWA MOOK)秘性vol.8 (SANWA MOOK)
(2012/08/28)
不明

商品詳細を見る
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sanwamania.blog98.fc2.com/tb.php/538-ef69755b
    この記事へのトラックバック