FC2ブログ

犬と同棲した女 最終回 【首輪】

2014年06月06日 07:39

三和出版のマニア誌編集部に青木雅子(三十四才 仮名)さんから、告白メールが届きました。
内容は読んでもらえれば分かるのですが、雄犬たちと同棲をした女性からの告白です。
告白には、犬のペニスの形状や射精の様子、雄犬の精液の味など、実際に体験したリアルな告白が綴られており、興味深く読ませて頂きました。
全五回の短期集中連載として紹介します。

なおプライバシーを考慮し、本文中の一部に割愛や創作があります。ご了承下さい。


【首輪】

Aさんはその様子をずうっと見ていました。
コンクリートの上にあぐらをかき、たまに犬のお腹をさすったりぶらっと立ち上がったりしていましたが、
常にこちらを見つめていました。

そしてやはり、ズボンの中は勃起しているようでした。

こんな状況でなのか股間を隠すそぶりもなく、
ズボンの布越しに染み出たカウパー染みの模様が、以前より大きくなっているのがわかりました。

Aさんは、飲み会の時からこれを想像していたのだろうか?

犬に全身を舐められて絶頂する女を見ることで、快感を得るのだろうか?

これから……犬のペニスで……犯されるわたしのコトを妄想しているのだろうか?

嗚呼、もうよくわからない、もうどうでもいい……。

何度も何度も繰り返された絶頂の波が引き始めると、ウィルのペニスを思い出しました。
「四つん這いになって」
もうわかっていたことです、素直に四つ這いになりました。
「くわえて」
前の前に犬のペニスが差し出されました。
匂いはあまりありませんでした。
恐る恐る舐めてみます。

……塩辛い。

硬い。

しばらくぺろぺろとキャンディーのように舐めてみました。
本当に硬い。

人間とは比べものにならない。

二本を合わせてみたらカチカチと音がするのではと思うほど硬いのです。

非常に薄い皮なので、血管が走っている部分は僅かに盛り上がっており、
結果として舌にはざらざらとした感触を受けます。

咥えてみようとしますが太すぎてとても無理でした。

できるだけ口を大きく開けてペニスにあてて吸ってみます。
ペニスから塩味の液体が流れ込んできます。
人間の射精はペニスの先からですが、犬の場合はペニス全体から出てくるようです。
犬の精液は塩味で、サラサラしていました。

あ、これって海水の味だー……。

やっぱり人間よりは自然に近いってことなのかなぁ……。
頭の奥底で犬のペニスを舐めながら妙に納得したりしていました。
同時に、 こんなに大きくて硬くいモノを入れたらどうなるのだろう……
じゅるじゅるとペニスをしゃぶりながら、すでに頭の中は交尾のことでいっぱいでした。

そのとき、じっとお座りをして待っていたマークが背後から私の腰をつかみ、腰を振り始めました。
痛い。
マークの爪が私のお腹やお尻に食い込みます。
しばらく私のお尻あたりを迷うように刺していたのですが、やがて膣を探り当てられ、ペニスが挿入されました。

「ひぃいいいい! は、はいっちゃったのぅううううう」

私の膣を逃すまいと、ラブラドルレトリバーの爪が、さらに背中に食い込みます。
背後から発情した雄犬の息づかいを感じます。

人間には硬すぎるペニスが膣の中をガリガリとこすり、私を使って繁殖するべく精子を注いでいる。
何度も、何度も。マークが動く度に僅かな隙間から精子が漏れ、じゅぷじゅぷと音が聞こえる。

爪が痛い。

「ふぐうううう」

背後から犯されながら、口では雄犬ウィルのペニスに奉仕しました。
大型の雄犬に組みひしがれながら、わたしは犬のペニスを舌で刺激をしました。
ウィルも射精しました。
精子を受けながら、私はまたイキました。

そのまま、強い倦怠感と眠気に襲われました。
意識を手放す寸前に、顔に人間の精子をかけられた気がしました……。



身体の痛みで目が覚めました。
私の上には毛布が掛けられていましたが、そこはベッドではありませんでした。
頭上には綺麗な木蓮が咲いていました。
あのあと、私はAさんの庭の木に繋がれ、首輪をつけられていたのでした。
そうか……犬は二匹なのに首輪がひとつしかないのは、このためだったのね……。

それから三日間、私は牝犬としてAさんに飼われました。

雄犬のたちの花嫁になったのです。

二匹の雄犬と結婚したのです。

一日中、眠るまで犬と交尾をして、犬の精子を飲みました。幸せでした。

三日目にはウィルとマークともかなり仲良くなったと思います。
Aさんは私に触れたりすることはほとんどなく、私達を見ながら射精するのが常でした。

四日目にAさんは飽きてしまったようです。

服を与えられ、関係は突然終わりになりました。

連絡にも応じてくれなくなり、Aさんの家を訪ねる勇気はありませんでした。



それから五年ほど経ちます。
身体についていた犬の爪痕もすっかり消えてしまい、あの三日間は夢だったのかと思うこともあります。

だけど……やはり忘れられないのです。

私は捨て犬です。
いつか飼い主様に拾っていただける日を夢見ています……。


終わり


マニア誌ブログ編集部では、随時、投稿告白や手記、写真や動画などを募集しております。
過去記事でも書いたように、皆様のこだわりの投稿をぜひお送り下さい。

犬と同棲した女 第四回 【淫獣】

2014年05月30日 00:21

三和出版のマニア誌編集部に青木雅子(三十四才 仮名)さんから、告白メールが届きました。
内容は読んでもらえれば分かるのですが、雄犬たちと同棲をした女性からの告白です。
告白には、犬のペニスの形状や射精の様子、雄犬の精液の味など、実際に体験したリアルな告白が綴られており、興味深く読ませて頂きました。
全五回の短期集中連載として紹介します。

なおプライバシーを考慮し、本文中の一部に割愛や創作があります。ご了承下さい。


【淫獣】

「冷たいけど我慢してね」
そういうと、Aさんはバケツの中身を頭から爪先まで塗りました。
顔にそれがかかったときに気が付きましたが、白い物の正体はヨーグルトでした。
足の指の股にも、股間の僅かな丘にも、臍にも、目口耳以外はまんべんなく塗られました。

”おやつ”かぁ……。

ヨーグルトを塗り終えた気配がしたので横目でちらりとAさんを見ると、
ウィルのペニスを引き出しているところでした。
先ほどのマークと同じように、あの犬の、獣のペニスが出現しました。
ペニスが濡れているのか、しごかれながら”じゅっじゅっ”と音がします。

嗚呼、なんてことだろう、私は人間以外のペニスに興奮している……。

もっと近くで匂いを嗅いでみたいと思っている。

触って感触を確かめたいと思っている。

舐めて味を知りたいと思っている。

いいえ、私がおかしいのではない。
見てしまったのだもの、仕方がないじゃないの、きっと誰でも私のようになるに決まってるわ。
そうして自分自身に言い訳しなければいられませんでした。

Aさんは私のすぐそばの両サイドにそれぞれ犬を座らせました。
沈黙が流れました。
二匹分の興奮したハァハァとした息づかいよりも、自分の動悸のほうがうるさいくらいに聞こえました。

「GO!」

嗚呼……。

合図とともにウィルとマークは”おやつ”にとびかかりました。
私は目を硬く閉じました。
なんの遠慮もなくべろべろと舐めまわされ、時々歯が当たります。
少しざらついた分厚いぬるい舌が、全てを舐めとろうと身体中を這います。
犬の舌が鼻の中にもねじ込まれ、嗅覚が生くさいような唾液の匂いで覆われます。

舌が足の指に来たとき、快感とくすぐったさが混ざり合ったような耐え難い感覚に襲われました。
「ああぁ~っ! あはははあんあん……ぎゃーっ! あはぁ……ん……ひゃああああ! 許してええええ」

悶絶ということを初めて理解しました。

不意におまんこを舐められました。
長い舌が割れ目に沿うように這い、うねり、さらに押し付けられて外陰をかきわけて膣の中にまで進出しようとします。
「んあああああああっイくううううん」
イってからも犬の舌は止まりません。
ヨーグルトが無くなっても、どんどん溢れ出る愛液を舐めているのです。
犬も愛液の味がわかるのが、いっそう荒い呼吸になった気がします。
ねろねろ、ざらざらと、舌自体に意思があるかのように動き続けます。

「あああああんんんイったのにひぃいいい! あはぁあ!」

そうしてまた強制的にイってしまうのでした……。

全てのヨーグルトが無くなる頃には何度イったのかわかりません。
完全に露出され、勃起したクリトリスが犬の前歯にあたり、その快感に全身が浸りきったようでした。

もうこのまま……食べられてもいい……。

そんな風にまで思っていました。

続く



マニア誌ブログ編集部では、随時、投稿告白や手記、写真や動画などを募集しております。
過去記事でも書いたように、皆様のこだわりの投稿をぜひお送り下さい。

家畜ケイコさんの新作映像【マニア倶楽部 7月号】に掲載してます。 

2014年05月29日 11:26

先日のブログでも紹介しましたが、
発売中の『マニア倶楽部 07月号』にて、筑紫洋道氏から送って頂いた新しい投稿を紹介しております。

内容は、女子大を卒業した家畜奴隷ケイコさんの近況です。
『マニア倶楽部 07月号』に手記と写真、もちろん映像とともに掲載しているので、詳しくはマニア倶楽部をご覧ください。

4910083310742s.jpg
▲発売中のマニア倶楽部の表紙です。
家畜奴隷ケイコさんの他にも、全国のマゾヒスト達の手記や写真・映像が満載ですので、宜しくお願いします。

▼映像はマニア倶楽部 の付録DVDにも収録されているのですが、今秋発売予定の、
【家畜三姉妹の飼育記録(仮名)】の予告映像です。


[広告 ] VPS


今後、筑紫氏から新しい投稿などがあれば、
このブログやマニア倶楽部の誌面などで紹介していきますので、お待ち下さいませ。


マニア倶楽部 2014年 07月号 [雑誌]マニア倶楽部 2014年 07月号 [雑誌]
(2014/05/27)
不明

商品詳細を見る

マニア倶楽部 2014年07月号 本日発売です。

2014年05月27日 18:45

本日、『マニア倶楽部 7月号 』が発売になりました。

▼7月号の表紙です。
4910083310742s.jpg

今号のマニア倶楽部の特集は、「調教ドキュメント・飼育特集」です。
初体験から調教されつづける初心マゾ女教師。
豚として飼育される惨めな豚女。

完全なる牝犬願望をもつ人妻たちの映像つき体験告白の他、ピアス奴隷に改造された人妻教師あおい。
元教え子のアナル奴隷になった女教師節子。
フィアンセを裏切りつづける泣き虫保母ゆき。
の三人から届いた新しい投稿手記、そしてM男性に黄金を与えるS女性第二弾などを取り上げています。

また、筑紫氏(家畜ケイコさんの主)から新たな投稿が届きはじめましたので速報でご紹介。
また今号の付DVDは約30分増の167分を収録しております。ぜひご覧ください。

以下は今号のサンプル動画と、以前紹介した筑紫氏の家畜奴隷ケイコさんの投稿です。

[広告 ] VPS



[広告 ] VPS
[ 続きを読む ]

『豚美』としてご主人様に可愛がっていただくことこそが……【マニア倶楽部7月号より】

2014年05月27日 00:52



◆恥ずかしいメス豚

はじめまして。豚美です。
この名前は、ご主人様に付けていただきました。私にとっては、大事な大事な名前なのです。
ご主人様に「豚美!」と呼んでもらえるだけで、幸せが込み上げてきます。
どんな恥ずかしい命令でも頑張ってやり遂げて、
ご主人様に誉めていただけるような『豚美ちゃん』になれるように……心からそう思うのです。
私は子供の頃からデブでした。小中高校と、いつもクラスで一番太っていました。
ついた仇名は、そのまま『ブタ』でした。
知っていますか。人間には『男』と『女』とは別に、『デブ』がいるということを。
『デブ』は最下層の人間として、皆に軽蔑され、笑われる存在なのです。
butami01.jpg
[ 続きを読む ]